ゆっくりソニックブログ

AviUtl 字幕、テキストのフォント追加方法

  

 こんにちは。ゆっくりソニックです。

 

 今回はAviUtlでのフォントの追加方法を紹介いたします。

 

 windows10の場合ですので、Macをお使いの方は参考にならないかもしれません。他のサイトをご覧ください。

 

フォントのダウンロード  

 

 フォントは文字のことです。

 

 元々AviUtlに沢山ありますが、もちろんないフォントもあるでしょう。

 

 色々探してみた結果「セガ風のフォント」がありましたので使わせていただきます。

 

追加方法  

 

 今回はセガ風のフォントの場合です。

 

セガ風のフォントのサイト】 

Sega Logoフォント - ダウンロード (fontmeme.com)

 

 開くとこのような画面が現れると思われます。

 

ダウンロード

 

を押しましょう。

f:id:LOop:20210329173011j:plain

sega-logo.zipはダウンロードを押すと出てくる

 

 次に「ファイルを開く」を押します。そうするとこのような画面に飛びます。右上にある「すべて展開」を押しましょう。

f:id:LOop:20210329173341j:plain

 

 押すと下の画面が出るため、「ファイルを下のフォルダーに展開する」の下に自分が入れたいフォルダーを設定してください。

f:id:LOop:20210329173609j:plain

  右の「参照(R)」から選べます。ない場合はそのままで良いです。 

 

 また、

 

「完了時に展開されたファイルを表示する」

 

にチェックを入れておきましょう。どこに入れたか分かりやすくなります。終わったら展開(E)を押します。

 

 展開(E)を押すとファイルが出てきます。

 

 今合計で2つのファイルがあるため、迷った場合は一番上に書いてある名前を見ると分かります。「~.zip」と書いてないほうを選んでください。

f:id:LOop:20210329173812j:plain

 

 SEGA.TTFをダブルクリックで開きます。このような画面が出るので上の方にある

 

インストール(I)

 

を押します。

f:id:LOop:20210329173851p:plain

 インストールした後に「インストール(I)」が少し暗くなれば成功です。

 

 次にパソコンのホーム画面にある「コントロールパネル」をクリックします。

f:id:LOop:20210329181745j:plain

これ

 ない場合はパソコンの

 

「スタート画面(1番左下の4つの四角マーク)」→「設定」→「設定の検索」

 

からコントロールと打ち込んでEnterキーを押してください。

 

 検索結果にコントロールパネルがあります。

 

 「コントロールパネル」→「デスクトップのカスタマイズ」→「フォント」の順で開きます。

 

 次からはその画面をフォント画面と呼びます。(この記事の場合)

f:id:LOop:20210329174013p:plain

フォント画面

 

 ファイルにある「SEGA.TTF」をドラック(マウスを左クリックしながら移動)して「フォントの画面」に入れます。

 

 「SEGA.TTF」を一度だけクリックしてチェックを入れておくとドラッグしやすいです。

f:id:LOop:20210329175602p:plain

 

 ここまでできたらAviUtlの方にいきます。この段階でAviUtlを開いている場合は一度閉じてください

 

 拡張編集内で何もない所で右クリックすると候補が出てくるため、「メディアオブジェクトの追加」→「テキスト」を選んでください。

f:id:LOop:20210329180600p:plain

青い棒(テキスト[標準描画])がでてくる

 

 次に拡張編集内の「テキスト[標準描画]」をダブルクリックすると画面が出てきます(下の写真)。

 

 左少し下の「MS Ul Gothic」(影・緑色の設定の下)をクリックしてください。

f:id:LOop:20210329175720j:plain

 そうすると候補が出てきます。その中から「SEGA ROGO FONT」を探してください。

 

 見つけてクリックをすれば完了です。

f:id:LOop:20210329175815j:plain

 

 テキストを打ち込んでみましょう。出てきました。

f:id:LOop:20210329175836p:plain

 

 他にもAviUtlを知りたい方はこちらをどうぞ。

 

 

 

 今回はここまでです。お疲れさまでした。