ゆっくりソニックブログ

AviUtl サムネに使える! 動画の一部分を画像にする方法

   こんにちは。ゆっくりソニックです。

 今回は動画の一部分を画像にする方法ご紹介したいと思います。

f:id:LOop:20210528080845p:plain

 

動画

youtu.be

ここでは画像を使っていますが、動画でも手順は同じです。

 

動画の一部分を画像にするとは?

 

 AviUtlで動画を作っていると一部分だけ画像にしたい時、ありませんか?

 

 パソコンのスクリーンショット(Ctrlキー+G)で取ると上にメニューバーが残ってしまいます。

f:id:LOop:20210528072958p:plain

こんな感じに

 友人に見せる程度ならそれで良くても、動画のサムネイルしたい場合などはあってはならないものです。

 

 そこで、綺麗に画像にする方法を紹介したいと思います。

 

 

方法

 

 この方法にはAviUtlだけでなく

 

ペイント

 

 が必要になります。

f:id:LOop:20210528073459p:plain

これです。

 

 しかし、パソコンに最初から入っているものなのでダウンロードなどをする必要はありません。ご安心ください。

 

AviUtlでは


 上のメニューバーから

 

「編集」

「現在のフレームの出力イメージをクリップボードにコピー」

 

を選択してください。 

f:id:LOop:20210528073951j:plain

 

 

ペイントでは


 ここからはペイントに移ります。

 

 コピーしたものを張り付ければ完成!と言いたいところですが、まだやることろがあります。

 

 それは画像サイズの設定です。画像サイズが違えばはみ出したりしてしまいます。

 

 その方法は、上のメニューバーから

 

「ファイル」

「プロパティ(E)」

 

 をクリックしてください。

 

 そうすると下の写真のようなものが出ると思います。

f:id:LOop:20210528075431p:plain

 その中の幅、高さを変更してください。

 

 

 幅、高さが分からない方は、AviUtlに戻り、下の写真の丸で囲んである所を見てください。

f:id:LOop:20210528075357j:plain

 それが答えです。見方は「幅×高さ」です。上の写真の場合は幅1270、高さ720となります。

 

 幅と高さを変更し、先ほどコピーした写真を張り付ければ完成です。

 

 後は保存して終了です。保存は「ファイル」→「名前を付けて保存」でできます。

 

 

実際にやってみる

f:id:LOop:20210528075949p:plain

AviUtlにある画像を

 

f:id:LOop:20210528080046p:plain

ペイントに張り付け

 

f:id:LOop:20210528080212p:plain

保存する。

 

これで完了です。

 

 

最後に

 特にペイントのサイズ設定が重要です。設定をしないと張り付けた画像がはみ出したりしてしまいます。ただ、それさえ過ぎれば難しい物ではありません。

 

 いい画像が作れたら良いですね!

 

 今回はここまでです。お疲れさまでした。