ゆっくりソニックブログ

AviUtl モザイクの使い方

 

モザイクを使いたい」ということはありませんか?

 

今回はそんなときのためにモザイクの使い方を紹介していきたいと思います。簡単ですので気楽に読んでいってください。

 

 

モザイクの使い方(画像の場合)

モザイクを使った画像例

モザイクを使った画像例

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

画像を入れ、画像ファイルを開きます。(動画の場合は動画ファイル)

右上にある「+」をおして「モザイク」を選択します。

 

これだけです。簡単ですよね。

 

細かな調整

サイズ

モザイクを使うと、画像ファイル(動画の場合は動画ファイル)の下に「サイズ」というものが出ています。

 

数字が大きければモザイクは強く、数字が小さければモザイクは弱くなります。

 

タイル風

タイル風を使った例

「タイル風」の横にチェックをつけると、マス目が出たモザイクとなります。

 

 

一部だけをモザイクにする方法

画像・映像のすべてにモザイクを使いたいのではなく、一部だけに使いたいという場合は下記の方法を試してみましょう。

 

 

拡張編集で右クリックし、「フィルタオブジェクトの追加」内の「部分フィルタ」を選択

画像・映像の下に配置し、部分ファイル内の「+」から「モザイク」を使う

 

成功すると真ん中に四角いモザイクが現れます。後は好きなように調整して一部に使っていきましょう。

 

モザイクの形変更

部分フィルタでモザイクを作ると正方形のモザイクが現れますが、形を変更することも可能です。

 

向きを変えたい場合は「回転」

大きさを変える場合は「サイズ」

例えば横長、縦長にしたい場合は「縦横比」

 

を変更してみると、モザイクを使いたいところにうまく使うことができます。

 

最後に

モザイクの使い方を紹介してきました。

 

やることが少ないので覚えやすくて良いですね。

 

他にもAviUtlを知りたい方は本が売られていますので読んでよりよい動画を作ってみてはいかがでしょうか?