ゆっくりソニックブログ

ソニックでできるぷよぷよ 

  

 こんにちは。ゆっくりソニックです。

 今回はソニックでできるぷよぷよをご紹介したいと思います。

f:id:LOop:20210526094153j:plain

 

 

 

ぷよぷよとは

f:id:LOop:20210526103436j:plain

 ぷよぷよとは、株式会社コンパイルから発売されていた落ち物パズルゲームです。2003年以降は、SEGAが版権を引き継がれています。

 

f:id:LOop:20210526105308j:plain

 このような画面を見たことがある方は多いでしょう。

 

 また、スマホで遊べるものもあります。

f:id:LOop:20210526105629p:plain

 

 

ソニックでできるぷよぷよは主に、

ソニックマニア」と「Dr.エッグマンのミーンビーンマシーン」

 

です。

 

Dr.エッグマンのミーンビーンマシーン   

f:id:LOop:20210526103107j:plain

 1993年に北米と欧州で発売されました。ソニックのキャラクターに差し替えた「ぷよぷよ」の日本国外向けバージョンになります。*1

 

登場キャラの元ネタ


 f:id:LOop:20210526085805j:plain

 本作で登場するキャラたちは「アドベンチャーズ・オブ・ソニック・ザ・ヘッジホッグ」に出てくるキャラが元ネタです。

 

 「アドベンチャーズ・オブ・ソニック・ザ・ヘッジホッグ」は1993年にアメリカで放送されたギャグアニメです。英語版だけですがYoutubeでも見ることができます。

www.youtube.com

 こちらはアメリカで作られたアニメということでアメコミ風になっており、2003年のアニメ「ソニックX」やゲームのソニックのようにクールでかっこいいソニックを期待してみるとだいぶ違った印象を受けると思います。

  

 ただ、ギャグアニメなりに楽しんで見ることができる作品です。

 

 例えばこのキャラ

f:id:LOop:20210526102916j:plain

 Dr.エッグマンの手下であるスクラッチです。

f:id:LOop:20210526103316p:plain

特徴は「ハハッ、ハハッー」です。これはスクラッチの笑い方で、日常生活で笑う際に使ってみたくなります。

 

 気になる方はYouTubeで見てみてください。

 

 

難易度


 

 途中から段々スピードが上がっていき難しくなります。とくに最後のDr.エッグマン戦では全然勝てないほど難しいです。

 

 やりこもうとすると時間がかかるので、軽く遊びたい方は途中までをプレイすると良いと思います。しっかりと楽しめますよ。

 

ソニックのキャラでできる理由


 

 理由は欧米で販売する際にソニックのキャラに差し替えたからです。

 

 欧米でも発売されましたが、ぷよぷよの二頭身の女の子キャラクターが、当時欧米で受け入れられませんでした。

 

 そのため、ソニックのキャラクターに差し替えられたうえで発売されました。*2

 

ソニックマニア   

f:id:LOop:20210526103734j:plain

 2017年に発売された「ソニックマニア」、2018年に発売された「ソニックマニア・プラス」のステージ、おまけにてプレイすることができます。

 

ステージ


 

 ケミカルプラントゾーンのACT2ボス戦にてプレイできます。ソニックDr.エッグマンで戦います。

f:id:LOop:20210526103846j:plain

 しかし、Dr.エッグマンはあまり強くありません。1コンボか2コンボぐらいしていれば勝てるでしょう。

 

 IQ300の頭脳はどこへ行ったのでしょう。

f:id:LOop:20210526104112p:plain

 それは冗談で手加減しているのでしょう。おかげで2コンボまでしかできなかった私でも簡単にクリアすることができました。

 

 

おまけ


f:id:LOop:20210526104702j:plain

 ステージでプレイしたものをおまけとしてプレイできます。

 

 難易度が1~5まで変更したり、2人で対戦プレイすることができます。

 

  BGMには「ぷよぷよ」の「FINAL OF PUYO PUYO」の新規アレンジが使用されている

 

最後に

f:id:LOop:20210526105006j:plain

ソニックメガコレクション

 ソニックでできるぷよぷよは、「ソニックメガコレクション」や「ソニックマニア」などおまけとして出てくることが多いです。

 

 やりこみたいなら本作のぷよぷよの方が良いのでそちらをやったほうが良いかもしれませんが、軽く遊ぶ程度ならソニックゲームの方でも十分に楽しむことができます。

 

 今回はここまでです。お疲れさまでした。